ヘッダー.gif

大正6年8月
鈴木銅版所(凹版特殊印刷業)を創立。
(主な得意先=皇室、各国大使、公使館、在日外国人等)
戦時中
一時休業
昭和21年
業務再開
(主な取引先=前記取引先及び都内一流ホテル、内外商社)
昭和21年12月
有限会社鈴木銅版を設立。
米国より印刷機を直輸入し、需要の増大に対応し、その他の諸設備も拡大して、業績も飛躍的に発展した。
昭和35年7月
銅版印刷株式会社に組織変更。
従来の業務に加えて、活版印刷等の一般印刷も取入れ、業務内容も大幅に拡大。
銀座東急ホテル開店に伴い、地階アーケード内に出店、小物文具等の販売も行う。
昭和37年
ホテルオークラ開業と同時に受注取引を開始。
昭和44年
西ドイツ視察。新規合理化機械を現地で購入し、
同時に現地にて技術研修を受ける。
昭和47年
アメリカより最新型高速自動凹版印刷機を直輸入する。
昭和50年
事業拡大に伴い、社屋を建て替え。
昭和55〜58年
自動浮出機、凸版印刷機導入
平成元年
クレイン社にて約1年間の技術研修
平成2〜10年
自動浮出機、オフセット印刷機等の増設。
平成6年
電算写植システム導入
平成8年
オフセット印刷機3台増設
平成10年
電子メールによる印刷データ受付開始
平成11年
ホームページ開設
社内受注システムを構築、完全PC化を図る
平成12年
ホームページで一部商品の受注、全商品の納期確認が可能になる
平成13年
UVオフセット印刷機導入
平成15年
CTP導入し、業務の効率化を図る
オフセット印刷機2台増設
平成19年
デザインチームを発足し、PB開発に着手する。
オンデマンド印刷機導入。
平成20年
オフセット印刷機2台増設
平成21年
ホームページをリニューアルする。